DB2 Express-C 10.1 pureXML 実行計画の変更点   Leave a comment

Figure 1.実行計画 DB2 v9.7.5
explan

Figure 2.実行計画 DB2 v10.1.0
explan

DB2 Express-C 9.7.5では、fn:starts-withを使用した場合、pureXML専用のインデックススキャンであるXISCANは使用されてなかったが、DB2 Express-C 10.1.0では使用されるようになった。前方検索するときに、XISCANが実行されることを強く望んでいたので、大変喜ばしいことである。理由は、当然インデックス索引を使用されないと、100万レコードみたいな大量のXML文書の検索のときに時間がとてもかかるからである。

Figure 3. SQL

SELECT * FROM OKULE.CLIENTS
WHERE xmlexists(
  '$c//phone/*[fn:starts-with(.,"5" )]' 
  passing OKULE.CLIENTS.CONTACT AS "c" 
)

©中條勝徳 and okulejp.com, 2012.

okule による DB2, pureXML, XML, XQuery への投稿 (7月 18, 2012)

タグ: , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。